サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

Category講義019~024 トレーニング2 1/1

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

第十九講義 混沌への図(未完成)

クマラ:今日から新シリーズのトレーニングその2だ。 これまでとは方向性が違う。 あなたのより深層に向かって掘り下げようじゃないか。クマラ:以前ちらっとだが図を見せたことがあったな。 ブログには書かなかったのですが、講義が始まったときになにか図のようなビジョンを見たのです。 それは八方向への稲妻が走っている図だったのですが。 それと似たものをプロフィールの画像として採用していました。(現在は変更) ...

  •  0
  •  0

第二十講話 図の説明

クマラ:今日は昨日の図の使い方だ。 その前に注意が3つある。第一に、クマラ:しかし、注意せねばならぬ。心を正すのだ。「人の技」の思考を抱えたまま混沌に近づけば、自らを縛る力がより強くなるだけだ。 まずは「人の技」から外れて行くことを学びなさい。第六講義より第二に、昨日も言ったが、この図は良い/悪い以前のものなので、良いことが起きると限らない。第三に、マスターを目指すための勉強のためであり、願いを叶...

  •  0
  •  -

1、一つ前の過去生

ひょんなことから、というか、ルシファーと会話していたら、過去生をみることになりました。そして、これがかなり重要な過去生だったのです。私が今生、生まれる前、まさに前の前世だと思われます。もっともこの間にもう一つ寿命の短い前世があったかもしれないのですが、そちらは推測に過ぎないのでここでは省きます。なお、数字などはっきり思い出しているわけではなく、歴史に照らし合わせての推測です。生まれたのは大体190...

  •  0
  •  0

2、ギャップと王様カルマ

◇ギャップこれもルシファーとの会話から始まりました。ルシファー:君はギャップを取らなくてはならない。F:ギャップってなんだい?ルシファー:ギャップとは現実に対して、明確に間違った考えを掴んでいること。 要するに勘違いだね。ギャップ1,世界は戦争F:たしかにいつも心のどこかで戦争になったら・・・などという考えをしていたなぁ。 ストレスも常に感じていた。ルシファー:確かにきな臭くはなってきたが、それでも...

  •  0
  •  0

3,許し

あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年末から、”人間の方の”師匠の講演会の方に通うのに忙しく、ブログの方は止まっていましたが、このたび再開したいと思います。もっとも、1月中旬にツアーがまたあるので、その間は中断するのですが。。。===============ちらちらとブログに書いているのですが、私の母親はエネルギーがとても強く、想念が色々と私に飛んできます。それが、苦しいっ...

  •  0
  •  0

4,私が創っている

◇母との関係 私と母親とは、かなりの時間、一緒にいて、表面上では仲は良いのです。 が、一方で、母親のエネルギーが強すぎて、それで相当ひどい目にあっているの確かです。それはたまに気分が悪くなるどころの話ではなくて、病気になったり、虫歯になったこともあります。 私にとって母親からのエネルギーにどのように対処するかは、死活問題だったのです。そのことは『第十四講義 人間の恐怖』においては、クマラから>クマ...

  •  0
  •  0

第二十一講義 ”私”

クマラ:今日はあなた自身、つまり”私”についてせまってみたいと思う。 あなたはよく、自分を「肉体/物質的な部分」と、「霊的な部分」に分けて考えているように見受けられる。 どちらがあなたであろうか?F:それは、霊的な部分の方が”私”に近いのでは?クマラ:いやどちらでもないのだよ。 肉体は器にすぎないし、霊体や魂もつくられたものにすぎない。 よって”私”そのものではない。 するとこの話した内で 一番”私”に近い...

  •  0
  •  0

第二十二講義 ”私”の補足

クマラ:今日は前回の補講だな。 どうも、あなたは話について来れなかったようだな。F:まず、”私”が法則に近いというのはわかったのですが…クマラ:わかっていないな。 近いのではなく、そうなのだ。 法則は”私”なのだ。F:この”私”とは混沌=私の場合の私ですか?クマラ:そうだ。 しかし、この場合は”私”という表現がよい。F:どうして?クマラ:表現の仕方が違うと思った方がいいな。 混沌は、未分化であることが強調され...

  •  0
  •  0

第二十三講義 二つの私

クマラ:わかったようだな。言ってみなさい。F:何もしないというのは無理でした。 が、何もしないぞと思って自分をみていると、 この私は、常に自分の幸せにするために動いているのがわかりました。 食事を取るのも、風呂に入るのも、考えをするのも、それが自分を幸せにするからだと信じて行っている。 でもどこか機械的と言うか、自分がロボットみたいな感じがしました。クマラ:いいね。その意識を拡大していく話をしよう...

  •  0
  •  0

第二十四講義 ここまでのまとめ

クマラ:やっとこの日が来たか。 トレーニング2も今日でおしまいだ。 これまでのことを振り返ってみようか。◇はじめに11/11 はじめにF:この日からブログ始めたんだなぁ。クマラ:ここについて特に語ることはない。◇序章11/12 第一講義11/14 第二講義 自分のすべてを愛すること。それが混沌だ。11/15 第三講義 すべてに何の価値もなく、すべてを超えた”私”だけが尊い。11/18 第四講義 絡まったヒモ11/22 第五講義 解かれ...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。