サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

Archive2016年03月 1/1

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

第三十七講義 レヴィアタン

ルシファー:さて、ついにあの方だ。レヴィアタン旧約聖書(『ヨブ記』『詩編』『イザヤ書』など)で、海中に住む巨大な怪物として記述されている。中世以降はサタンなどと同じ悪魔と見られるのが一般化した。(中略)キリスト教の七つの大罪では、嫉妬を司る悪魔とされている。レヴィアタンWikipediaよりF:もう悪魔という分類がいかに雑かという証明ですな。F:大きいと話づらいな。レヴィアタン(以下レ):サイズとはなんだ。 た...

  •  0
  •  -

第三十六講義 悔い

ルシファー:ここまで悪魔について学んでどう思った?F:悪魔を恐れることはないですね。 そして、私はなにか現実で力を振るうことを恐れていたのですが、それもまたおかしいと思うようになりました。ルシファー:まぁ、そんなものか。ルシファー:君は他者に影響を与えることにトラウマがある。 それを克服しよう。ルシファー:力を使えば、他人に影響を与えることになる。 悪魔の力を使えばより強く影響を与えるだろう。 し...

  •  0
  •  0

第三十五講義 神の構造

ルシファー:やあ、今日はたぶん君が一番会いたい人、 ではなくて会いたい悪魔を連れてきたよ。ベルフェゴール 七つの大罪の「怠惰」「好色」を司る悪魔とされる。古代神としてのベルフェゴールベルフェゴールは、古代モアブで崇められた神バアル・ペオルを前身とする。この名は恐らく「ペオル山の主神」を意味する。このバアルと言う名が、慈雨と豊穣の神のバアルを指すのか、単に一般名詞としての「主神」という意味なのかは不...

  •  0
  •  0

第三十四講義 マモン 不正の富の悪魔

F:さてと、今日も悪魔と話をしますか。マモン:どうも、マモンです。F:ええと、本当にいるんですか。そんな悪魔。マモン:呼んでおいて、そんな言い方はないでしょう。 とは言え、多分に人の想念で創られたものであり、中核はもっと別のものですよ。F:ネットで調べると、 あー、もー、なにこれ。元来、Mammon は「富・財」を意味するシリア語にすぎなかった。これが悪魔学において金銭の悪魔として定着したのは、『マタイによ...

  •  0
  •  0

第三十三講義 悪魔の本質 その三 宇宙の悪魔

ルシファー:さてと、ちょっと宇宙について話そうじゃないか。 悪魔は地球だけかな?それとももっと他の星にもいるのかな?F:地球だけ、なわけないですよねぇ。 天使が法則であるならば、悪魔もまた法則ですし。ルシファー:当然そうなろうだろうね。 では、地球と、そうだな、火星の悪魔はなにがどう違うんだろうね?F:えー、あー、やー、そんな質問をされるなんて思ってもみませんでした。 うーん、同じなんじゃないですか...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。