サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

Archive2017年10月 1/1

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

第五十六講義 感謝

サナート・クマラ(以下クマラ):やぁF:はい。いつも、ありがとうございます。クマラ:いいね。 今日のテーマは感謝だ。F:とても良い記事を見つけまして。 ダライ・ラマ法王のNo.2といわれるザ・チョジェ・リンポチェ師のインタビューです。「幸福と快楽は同義ではない」ダライ・ラマ法王のNo.2が現代人に説く、幸せの定義(前略)幸福というのはとても大きな問いだと思います。幸福とは何か? 基本的に、幸福というのは快楽ではあり...

  •  0
  •  0

第五十五講義 我をポキッと折る

クマラ:さて、せっかくだから、もう少し、君の我を折ろうじゃないか。F:実体験ならともかく、チャネリング対話ぐらいで折れるんですかね?クマラ:やってみないとわからないじゃないか。 君が仕事をしないようだな。ここでいう仕事はスピリチュアルなものではなくて、バイトとか正社員とかこういうものだ。F:そうなんですよね。働くことに拒否反応が昔からあって。なぜだか自分でも不思議なのですが・・・クマラ:理由は色々あるの...

  •  0
  •  0

第五十四講義 宇宙の整列と自愛についての対話

via GIFMAGAZINE◆宇宙の整列クマラ:宇宙の整列について話そう。 星々はリズムをとって回転している。 そしてそのリズム全体こそが、私というものの正体だ。 私へと辿り着くには、君もその一部として整列し、リズムを感じる必要がある。それが、悟りだよ。 我があって、個人のリズムが乱れ、全体の調和から外れると孤独を感じる。それは不調和だ。 だから、我を捨てることこそが、自愛になるのだ。◆F個人の自愛について聞くF:...

  •  2
  •  0

第五十三講義 我を捨てる

◆我を捨てるクマラ:金星儀モニターの四人目がやっと決定したな。F:よかったです。なんかblogで募集しようと思ったのですが、そういうことじゃないんですね。クマラ:ネットでの募集はダメではないが、良くもない。 タイミングと調整。現実化がある。君はそういう流れを無視するところがある。我が考えることよりも、全体の采配を信じるのだよ。全力を尽くした上で、天の采配を信ずれば、道は自ずとひらけるものだ。私達は、別に...

  •  4
  •  0

第五十二講義 宇宙について8 三つ目の惑星儀の瞑想

クマラ:久しぶりだな。F:ハイ。前回講義から二週間たって、ようやく連続4時間瞑想が出来ました。 それまでも1日3時間ほどは瞑想してはいたのですが、連続というのはなかなかきつくて。クマラ:たしかに忙しそうではあったが、もう少しなんとかならんかね。F:ハイ。これからは。◆一つ目の瞑想クマラ:一つ目は、その星が自分に対して水平に来たとき、つまり太陽だったら日の出・日の入りだね。その時に、その星の方向か、ま...

  •  0
  •  0

第五十一講義 宇宙について7 惑星儀の瞑想

クマラ:瞑想してみるといいと言ったわけだが、瞑想してみたかね?F:ハイ。1日1~2時間ですがしてみました。 現在、私に一番欠けているのは火星だというので、火星儀を作って、それを持って瞑想しました。 火星をイメージして瞑想しましたが、すぐに意識が落ち着いて瞑想しやすかったです。 あと、色々な考えが浮上してきます。クマラ:雑念が浮いてくるのは最初のうちだけだ。 表層がクリアになっていけば、雑念も減って...

  •  4
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。