サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八十四講義 シリウス王との対話5 惑星外郭教導団

今日はシリウスから、地球に来ている教師達についてです。

Hermes_mercurius_trismegistus


◆活発な班
シリウス王(以下、王):今日は『惑星外郭-教導団』について詳しく話そう。
 団は30の班に分かれている。

F:え、全部でそれだけですか?

王:まだ誰も地球に来ていない班もあるし、すべてはここでは言わない。
 8つの班だけ伝えよう。
1,食糧班
2,重化学工業班
(鉄などの昔からある技術)
3,バイオとは、、、ちょっと違う。
 そうだな漢字で、生物-追加-管理-班
4,化学班
5,戦争班
6,愛の班
7,サブインテリジェンス班

 コンピューターの真の意味は、効率化ではない。
 進化していくにあたって、自らが別の知性をつくることにあるのだ。
 そのためにコンピューターがあるのだ。
8,神学班
 悟りと言ってもいいかな。

F:なぜ8つだけ。
 他にもありそうですが?

王:いや、この8つだけが、地球で活発に動いている班だからだ。
 他は欠員だったり、昔のままでテコ入れがされていないということだ。


◆不活発になった班
王:最近、班から人員がいなくなったものに、
 文学、音楽、哲学がある。
 これらは人員がいなくなったので、これから数百年、大きな進歩はなく、不毛の分野になるだろう。
 さらに最近無くなったもので、、、そうだな、どうも君の脳が受け付けない。
 海…弱肉強食…体を九つに分割する…拷問…苦痛。
 ふむやっと正解だ。苦痛班だ。

F:えー、苦痛班なんてあるんですか?

王:あったよ。
 あったからこそ、君達が入っている体について知れたのだ。
 しかし、サブインテリジェンスなどの発展の邪魔になる。
 苦痛は体について、強く意識させ、関心を物質的なところに縛り付けることになるからね。
 だから停止中だ。今はね。

F:苦痛班ねぇ。
 そんなのがあったのかな。

王:あったからこそ、そういう歴史が繰り広げられたのだ。
 今は拷問や苦痛を与えることは、急速に減っているだろう?
 苦痛班が無くなったからこそ、大喜びで廃止されていったのだ。

王:今回の教師達の活動は、まず霊的なアプローチから始まると以前言っただろう?
 今後、班のある分野で天才的なアイデアが出てくることになる。
 一方、天才そのもの、つまり教師達は出てこないだろうね。
 それはもっとずっと先の話だ。

F:天才って、今でもいると思いますけど。

王:その考えは修正しておこうか。
 まず、我々シリウスの教師達の話であって、他の要因もあるからね。
 そして、ここで伝えた天才というのは、本当に神のような者だよ。
 普通の天才ではない。
 天才として数千年語られるレベルの存在だ。

F:そういうレベルですか。

王:さて、ここからだ。
 君が一番関心のある神学班(悟り)だが、そこまで力を入れていない。
 だからまだ古典に頼る必要が、数十年、百年、つまり君の生きているうちは、大きな進歩はないだろうね。
 だから努力しないといけないね。

F:でも班があるのだから、活性化はしているんでしょう?

王:一応ね。
 今日はここまでだ。
1日1回押してもらえると、とってもやる気がでます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



いつもクリックありがとうございます(^人^)
関連記事

Comments - 9

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/19 (Mon) 22:08 | EDIT | REPLY |   
F(エフ)  
Re: No title

コメントありがとうございます!

面白いと言って頂けてありがとうございます!
私も面白いと思うのですが、アクセスは変わらないです(~~;

これはシリウスから見たことで、他の星から見たらまた少し違うのかも知れませんが。
一つの見方としては、私も面白いと思ってます(^^)

2018/02/24 (Sat) 13:20 | EDIT | REPLY |   
ふぁで  

班が30あって、人員がいなくなったものがあって…などと聞くと、どこかの組織かみたいな印象も受けますが、結構宇宙的なものって組織的な印象を受けることが多いですね。

それは宇宙が数学的と言われる所以と関係あるのかな…などと考えつつ、音楽が不毛地帯化というお話しは「え~!」って感じです。世の中が味気なくなりそうな恐れを作る私でした。

2018/03/01 (Thu) 11:04 | EDIT | REPLY |   
F(エフ)  

ふぁでさん、コメントありがとうございます!

そうですねー。天使もなんでも軍隊的/組織的ですね。というか宇宙的な構造を人間も採用しているだけかもしれませんが。

これはシリウスだけなので、プレアデスとかが音楽を応援してくれたらまた違うかもしれませんね。
もっともシリウスはかなり影響が大きいみたいですが。

2018/03/01 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   
おさむし  

今後天才は出てこないとして、今までにいた天才は地球には伝えられているのでしょうか。
具体的な例が出されていないということは今までにもいなかったレベルの天才と言うことかな。想像つかいな。

組織については、地球人に判りやすい表現としてそう表しているだけ、と言う可能性もある気がします。
なにしろ我々は打ち捨てられた層がメインの活動の場所なんだから。
数の扱いについても興味深い違いが見られます。
前回のエピソードで中間司令部の人数を聞かれたときに数は問題ではないと言っているのに、
『惑星外郭-教導団』の班の数につては30と言う正確な数字を示している。
種類としての数と量を表す場合の数が明確に使い分けられていて面白い。

2018/03/05 (Mon) 16:09 | EDIT | REPLY |   
F(エフ)  
To おさむしさん


おさむしさん、コメントありがとうございます!
しっかり読んで頂き恐縮です!

>今後天才は出てこないとして、今までにいた天才は地球には伝えられているのでしょうか。

私が天才と聞いたらアインシュタインや、レオナルド・ダ・ヴィンチが浮かんできたのですが、よく考えたらムー時代には天才がいたが、今はまだいないという事を言っているのですから、本当に想像がつかないですね。

そういう意味も込めて、画像はヘルメス・トリスメギストス(伝説上の錬金術の祖にしました)

ただ、天才はいないけれども、天才達の霊的なアイデアは降りて来ているので、現代は一人の天才が率いる時代ではないということなのかと思います。


>組織については、地球人に判りやすい表現としてそう表しているだけ、と言う可能性もある気がします。

組織はそうでしょうね。どうしても翻訳ですから。


>数の扱いについても興味深い違いが見られます。

これについては、私のチャネリング力の問題でありますね(^^;
中間司令部と聞くと、地球以外にも広がっているわけで、そんな広範囲の情報を聞くのは無理だ!と無意識で遮断してしまったけど、「別に無理に数まで聞かなくて良いよ」という優しさを込めて「数は問題でもない」と言ってくれたような気がします。
一方、地球については、地元なんだからそれぐらい聞き取れという感じですかね。

2018/03/05 (Mon) 20:43 | EDIT | REPLY |   
どう思われますか  
どう思われますか

こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧で、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

 (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

 (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。)

④ 『私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしていますが、実は、今の世界は実在しない虚構であり、実在する本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

2018/03/12 (Mon) 11:07 | EDIT | REPLY |   
7回目の終了です(その3)  
7回目の終了です(その3)

こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ところで、「終末予言」について、ご興味をお持ちでしょうか。

世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)

世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)

★(追記)
 上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。

どう思われますか。

2018/03/12 (Mon) 11:08 | EDIT | REPLY |   
F(エフ)  
To 7回目の終了です(その3)さん

7回目の終了です(その3)さんへ。

基本、コメントには返信するようにしているのですが、
コメントが、ブログ内容とは直接関係ない。あちこちでマルチポストなさっているようなので、特に私が答えなくていいかなーと思いました。
どう思われますかと問われても、なにぶん関心がないことなので、何も浮かんでこないんです。

2018/03/15 (Thu) 18:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。