サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

第八十五講義 シリウス王との対話6 シリウスの気体生命体1

気がついたら更新停止して一ヶ月経っていました(^^;;;
申し訳ない(人ω'*)

停止の理由は、日常が忙しかったこと。
それ以上に、シリウス後の対話のクオリティに不満があって、その後の対話をまとめてボツにしてしまったからです。

なんとかシリウス後の目処もたってきたので再開しますが、しばらくはスローペースになりそうです。
そんな感じですが、どうぞよろしくお願いします(ペコリ)
=====
クマラに連れられ、シリウスへ。

シリウス王以外に、牛のような頭にシャボン玉のようなフワフワの体をした奇妙な生き物がいる。

シリウス王(以下、王):今日は”彼女”と話してもらおう。

牛のような顔なので、以下、モさんとする。
牛+シャボン玉

モ:どうモ。
 私どモは、シリウスで一団として、ある、存在です。

F:なんか牛っぽいお顔ですが?

モ:あなたの星(地球)の牛とは関係ありません。
 気体のような存在ですから。
 私達は気体でありますが、成分によっていくつか違うタイプがあり、それが性別のようなものになっています。
 それらを混ぜ合わせて、別の知性体をつくります。

F:子供をつくるということですか?

モ:別の知生体です。
 別の種族ということです。
 私達は平和的ですが、陰険とモ言われています。

F:はぁ

モ:私達は、想念のようなもので、想念を構成している粒子を体にしているようなモのです。
 ですから、あなたの使う考えの操作をより熟練させる手伝いが出来ると思って今日来ました。

F:えっと、私がやってる対人テレパシーみたいなやつですね。
 えっ、教えて頂けるんですか。
 それはありがたい。
 ありがとうございます。
 シリウス王から頂いた想念もかなり強力で役に立っています(^^)

モ:教えるといいますか、その概念は既に伝わっています。
 私達の説明は先にしましたよね。
 あなたの創る想念と、私の創る想念が合わさって、既に新しいものが出来ています。
 それによって、私どモモ、とてつもない利益になっていますから!(喜びの波動)

彼女らは、どうやら頭のようなものがあって、そこから想念を創っている。
体は想念そのものであって、想念の上にちょんと頭が乗っているような。そんな生命のようだ。


F:はぁ、へーへー。色々な存在がいますね。
 街とかはあるんですか?

モ:構造はあります。とても複雑なのが。
 それと過去からの積み重ねですね。。。
(言いたいことはなんとなくわかったのだが、文字にするのがとても大変なので省略)

F:・・・あれ、なんだろうこれ。
 思考がイメージとして、今まで以上に鮮明に見えるぞ!?

モ:効果が会って良かったですね。
 明日もお会いすることになると思います(ペコリ)

F:あれ、もうシリウス王もいなくなってる。

クマラ:今日は終わりだよ。
1日1回押してもらえると、とってもやる気がでます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



いつもクリックありがとうございます(^人^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply