サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

第百十四講義 ベガ編 虚無と有の補足

カブトムシ似の宇宙人、ジェイムズさんが、前回の補足をします。


◆記事リンク
第百四講義 ベガ編 昆虫族との対話
第百五講義 ベガ編 昆虫族がルールについて語る
第百六講義 ベガ編 昆虫族コミュニティ
第百七講義 ベガ編 昆虫族の生態
第百八講義 ベガ編 昆虫族の歴史
第百九講義 ベガ編 昆虫族の仕事
第百十講義 ベガ編 昆虫族の生殖と世界
第百十一講義 ベガ編 全体を表現する
第百十二講義 ベガ編 全体を深く語る
第百十三講義 ベガ編 虚無と有


OSHO_Innocence


ジェイムズ:さて、私の出番も今回で最後になると思われます。

F:前回、私は思考で理解しようとしていたことに気づきました。
 感じるだけで良かったのかも知れません。


F:もっとも、その感じたことをどう表現するかは悩むところですが(^^;

ジェイムズ:私どもからすれば、あなたに伝わればいいので、その後のことはあなたの自由ですよ。



◆虚無の補足
ジェイムズ:今回は前回の補足です。


ジェイムズ:あなたが理解したという考えをつくるとき、
 それはあなたの枠の内に収めたということです。

 このような他種族間の対話では、あまりおやりにならない方が良いように思います。

ジェイムズ:理解よりも、感じるということが大切です。
 理解に閉じこもるのではなく、
 理解にドアを付けて、理解することそのものを変えてしまうのが良いでしょう。



F:前回の『無』と『有』、なかなか上手く文章で表現できなかったのですが。


ジェイムズ:我々は『無』/『有』と別けられるものではなく、統一意志そのものの現れである
 というのが、前回の上手いまとめでしょうか。


  ・
  ・
  ・


F:ハイ(理解にドアをあけて)


ジェイムズ:私ども昆虫族の間では、合図としての会話はあっても、相互理解のための会話は存在しません。
 それはあなたのように理解なさらない、あるいは理解に囚われている方とは、このように会話いたしますけれども。


F:・・・(理解するのではなく、理解にドアを開けようと心掛ける)


ジェイムズ:・・・ふむ。中々に良いように思います。

ジェイムズ:私どもが当初から伝えてきたことが、ようやくわかってきたように感じます。
 つまり、頭でわかったを作らなくなり、そのままであり続けられることを思い出されたようですな。

F:頭ではまとまらない・・・
 まとめようとも思っていないからですが・・・
 でも何か良い感じです。


ジェイムズ:その文で十分でしょう。
 では・・・、
 別れもまた概念ですよ^^



10・11月のセッションメニュー
セッションの感想
お仕事ブログ(アメブロ)
1日1回押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

いつもクリックありがとうございます(^人^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply