サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十五講義 エネルギー


クマラ:今日はエネルギーについてだ。
 この地球に限って言えば、エネルギーはどこにでも普遍的に存在している。 エネルギーがないところはないのだ。

クマラ:だからあなたがエネルギーがないと感じていても、
 あなたの裏側にはエネルギーがしっかりと存在している。
 ただエネルギーが表層に現れていないだけだと知りなさい。

F:エネルギーを表層に出すには?

クマラ:そりゃ、出すしかないよ。
 第十四講義の内容とつうじているのだが、エネルギーを表層に出す行いをすれば、やがてはそうなっていく。

F:私の考えだと、余計な考えや心配をつくって、エネルギーを費やしてしまうから疲れて、エネルギーがなくなるのかと。

クマラ:ちがう、ちがう。その考えは改めなさい。
 エネルギーはこの世界に普遍的に存在している。
 あなたがそのエネルギーの出口として機能するかどうかなんだよ。

クマラ:先ほどの君の言葉、心配を拾って説明するならば、
 心配こそ恐怖からくるものであり、あなたの行動を縛るものだ。
 その結果、あなたは消極的になり、エネルギーの出口とはしては機能しなくなる。

F:なんかわかってきたかも。
クマラ:どうかな~。
 エネルギーは常にある。エネルギーを感じない、つまり元気ではないのは、それが表層に現れていないだけ。
 これが重要なのだ。
クマラ:・・・ああ、やっとわかったようだね。

F:私が自分の能力を表現していないから、私自身のエネルギーがあまりないように感じているんですね!

クマラ:あなたの場合、感情、特に愛を表していないから、
 それでエネルギーが表に出てこないのだ。もっと、もっと表現しないさい。



関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。