サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使論 第二回 神=私=天使


ラジエル:知恵と神秘の天使、ラジエルです。
 さあ、今日も張り切っていきましょう。今回のテーマはこちらです。

 「神=私=天使」


◇Fの聞いたこと
ラジエル:というわけで、最初に説明として、F、カバラのあの話をお願いします。

F:はい。まずカバラとは、

カバラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)、カバラーとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。独特の宇宙観を持っていることから、しばしば仏教における密教との類似性を指摘されることがある。しかし、これはもっぱら積極的な教義開示を行わないという類似性であって、教義や起源等の類似性のことではない。カバラWikipedeaより

ラジエル:付け足したいことをどうぞ。
F:私は本でかじった程度なのですが、まぁ神秘思想ですよね。

F:そのなかで面白い話というのがあって、
 えーとまず、カバラでは生命の樹という図をとても重視して、これにすべてが・・・
ラジエル:そこは長いからいらないです。

F:・・・
F:カバラでは、創造主、神を、すべての根源としていて、それは私達の認識、考えがまったくおよばないものであるとしています。
 そのため神を認識するために3つのヴェールを置くことで、かろうじて神について考えることが出来るとしています。

3つのヴェール
 1,AIN (アイン、否定を意味する。それは理解出来ないもの=否定するしかないもの。ということである。)
 2,AIN SOPH(アイン・ソフ。無限。)
 3,AIN SOPH AUR(アイン・ソフ・アウル。無限の光。)

F:今回指摘したいのは、最初のベールのAIN(アイン)を後ろ2文字を入れ替えるとANIになります。
 これはヘブライ語で”私”を意味するのです。
 カバラでは文字の語順を入れ替えたり、数字に当てはめたりすることで別の意味を探していくことをとても重要視しています。
 なのでこれは偶然ではないでしょう。


ラジエル:では悟りの話を。

F:私のいる団体では、悟りは、もうただひたすら私だけをみていればいい。
 一切すべて私が創っているのだと自覚することが悟りである。

 と、言っています。


ラジエル:次に占星術を。

F:人は星の影響を受けていると占星術では考えます。
 そして、今はそのアクエリアン・エイジであるというのは、このブログを見ている人ならご存じであると思うのです。

春分点Wikipedia
Wikipediaでは、批判的ですが、その他の解釈の方で私がここで言いたいことは書いてあります。

黄道についてはこちらがわかりやすかったです。
星座を見つけよう

F:私は占星術にはさっぱりなので、そちらの説明は省きますが、

F:約2000年ごとに一つの時代が移っていく。そして変化の周期が長いものほど人の精神に深く影響を与えていくと考えられています。
 これからの時代はアクエリアン・エイジ/水瓶座の時代です。
 この時代は、変革、内なる神に目覚める。
 つまり外に神を見ていた時代から、自らが神だと悟っていく時代であるというのです。


◇ラジエルの話
ラジエル:いいですね。ではここからは私ラジエルがしゃべりましょう。
 神をどこに見いだすのかは、あまり重要ではありません。
 それはまさに星の影響を受けて、人の認識の仕方が変わっているだけだからです。

ラジエル:注目すべきは神=私 の”=”イコールのところです。
 あなたは本当に唯一の創造主なのでしょうか?

F:条件をつけて、Yesかな。
 なんか全面的にそうです、とは言えないなぁ。

ラジエル:そこはとっても悩ましいところですが、どうでもいいところでもあります。
 ドルフィニストアカデミーで習って、あなたが気に入った言葉があったでしょう?

F:私がそう思っていようと、いまいと、創造主であると。

ラジエル:いいですね。その認識から入るのはベターです。
 創造主とは偉大であり、卑小であり、すべてであり、それ以上の可能性でもあります。

ラジエル:よって、神は私でもあり、私は偉大にして卑小、創造主にして、被造物たりえるのです。
 その意味、つまり、あなたは天使にもまたなることを求められているのです。

F:んんん~~、最後飛躍がなかった??
 えっえっ天使にもなるの?

ラジエル:天使というのは法則であり、創られたものですが、現在の私というのも認識している部分においては、それもまた、創られたものなのです。
 で、私というものがはじめは小さく、再び神へと戻っていくものだと仮定するならば、天使にもまたなる必要があるのです。
 なぜなら天使を創ったことを思い出さなければならず、それには天使を学ぶことが必要であり、この学ぶということは、つまり天使になることで果たされるからです。

F:なんか、まだ、えーという感じあります。天使になるの~

ラジエル:天使をやるということは、普通のエンジェルをやるだけではなく、もっと大きい法則の方まで含んでのことですよ。
 それは地球外のことでしょうし。
 もはや天使を済ませている人もいるでしょうし、
 天使→人→天使もまたいるでしょうし、様々なケースがあります。

ラジエル:今回はこの辺で。



関連記事

Comments - 2

ふぁで  
なるほど

イコール、の部分ですか。
よく考えてみます。

2017/11/13 (Mon) 00:12 | EDIT | REPLY |   
F(エフ)  
Re: なるほど

> イコール、の部分ですか。
> よく考えてみます。

ここにあげた文もそうですが、カバラの文章などは、神とかそういうことを考えることで刺激され、そうして意識を成長させる作用があります。まぁ、古典的なやり方で、今風ではないかもしれませんが・・・

2017/11/13 (Mon) 10:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。