サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十四講義 ここまでのまとめ


クマラ:やっとこの日が来たか。
 トレーニング2も今日でおしまいだ。
 これまでのことを振り返ってみようか。


◇はじめに
11/11 はじめに

F:この日からブログ始めたんだなぁ。
クマラ:ここについて特に語ることはない。


◇序章
11/12 第一講義
11/14 第二講義 自分のすべてを愛すること。それが混沌だ。
11/15 第三講義 すべてに何の価値もなく、すべてを超えた”私”だけが尊い。
11/18 第四講義 絡まったヒモ
11/22 第五講義 解かれたヒモ
11/24 第六講義 混沌
11/26 第七講義 質問と重要な過去生を見るコツ

クマラ:序章において、簡単にこれからのブログで述べる概要を説明した。

F:このあたりは聞いてるだけだったから楽でした。

クマラ:説明を聞いているだけだからな。



◇トレーニング1

11/27 第八講義 虐め /記憶の洗い出しがスタート
11/27 古代の海の過去生 /首長竜の過去生を思い出す。
11/29 第九講義 奥の私
11/30 第十講義 コミュニケーション /ルシファー登場。
12/02 第十一講義 掴んでいる思い /一人でいたい。
12/03 第十二講義 分離前の過去生 /首長竜の過去生を掘り下げ。
12/05 第十三講話 人と仲の良い関係 /他人をリスペクト。通じないなら殴れ。
12/08 第十四講義 人間の恐怖 /人は恐怖に制限されている。Fは母を愛せ。
12/15 第十五講義 エネルギー /エネルギーはどこにでもある。
12/17 第十六講義 人を愛することの実践 /虐めた相手も愛そう。
12/18 第十七講義 内向き、外向き /両方必要で、どちらが悪いとかない。
12/20 第十八講義 独創性 /独創性へのこだわりを手放す。

クマラ:このトレーニング1では、Fの考えの除去が目的だった。
 その中でも自虐的な考えを手放すことが大切だった。

F:よくやったなぁ。



◇トレーニング2
12/20 第十九講義 混沌への図(未完成)
12/21 第二十講話 図の説明
12/23 1、一つ前の過去 /日本軍での過去生。母との縁。
12/24 2、ギャップと王様カルマ /明らかに間違った考えを掴んでいる。
01/05 3,許し /許しの大切さ。
01/07 4,私が創っている /母親との関係が改善。
01/08 第二十一講義 ”私” /法則こそが”私”である。
01/09 第二十二講義 ”私”の補足
01/10 第二十三講義 二つの私 /「現世の私」と「その奥の”私”」。
01/10 第二十四講義 ここまでのまとめ /当記事。

クマラ:トレーニング2では、混沌への図をつくり、その力を借りることでより深層にせまった。
 それは、Fの「現世の私」と「その奥にある”私”」の分離感の主原因だ。

F:この頃のは、もう頭がもうろうとしながらやってましたよ。
 もう、どんどんしんどくなる(@@;;)


◇天使論
12/13 天使論 第一回 基本とハンカチ理論
12/24 天使論 第二回 神=私=天使

クマラ:基本、説明しないこのブログだが、それでは今後、あまりにも理解ができなくなりそうだったので、臨時でおこなったのがこの天使論だ。
 天使論は第三回でおしまいかな。
 それは、明日のブログ記事だな。


クマラ:ここまでくれば、いよいよ核心へとせまっていけるだろう。
 が、安心するといい。特別なことをするわけではない。
 この世界こそが修行の場所であり、おこなうことは、ひたすらヒモを解くだけだ。
 まずはあなたの悪について統合していこうか。


関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。