サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四講義 絡まったヒモ


クマラ:今日は「人の意識はかくあるべきか」という重要な話だよ。
 君は霊的な成長をしようとがんばっているようだけど、その目的が特別な地位に就くためとか、特別な存在になるためなんていう目的では困るんだよ。

クマラ:もっとシンプルに、人の意識の成長とは絡まったヒモを解くことだと考えたらいい。
 それを別の言い方をすれば、幻想を解く、誤解をやめるとも言える。

クマラ:人の意識とは絡まったヒモなのだ。それは創造された最初から絡まっている。
 そして霊的な成長とは絡まったヒモを解いていくことなのだ。
 ヒモの絡まり方は人によって違うのだから、人と違うことをするのを恐れてはいけない。

F:ヒモを解くのは具体的になにをすればいいのですか?

クマラ:それは二つのことをするだけでいい。まずやりたいことだけをやり、そして止めたくなったら止めるのだ。それだけだ。


クマラ:これはコツなのだが、ヒモとはあなたのことではない。ヒモはあなたの創造物だ。
 ヒモを創ったのがあなただ。そして絡まったヒモが人の意識なのだ。

 あなたがやりたいことをすれば、ヒモは解けていくだろう。
 が、ヒモの気持ちとしては絡まりすぎていて、ほっておいてほしいかもしれない。しかし、それはヒモの気持ちだ。
 創造主であるあなたの気持ちに集中して、やりたいことだけをやる。これがヒモを解く方法だ。


クマラ:ヒモを完全に解いた時、あなたは満足する。この満足はとても神聖なもの。神聖な満足だ。それは永続的な記録として保管される。これは悟りでも解脱でもない。この解かれたヒモは格別の配慮を賜り、存在の自由、別の言い方をすれば、イデア界の一つ下に置かれて、ある領域の支配者になる。これがマスターである。

クマラ:悟りの道を垂直に上っていくとマスターになるのではない。マスターになりたいと思っているあなたには、これは最初に言っておかねばならぬことだ。


ヒモを正確に解きなさい。



関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。