サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五講義 解かれたヒモ


◇解かれたヒモの解説

クマラ:昨日の続きでヒモが解かれた話をもう少しだけ具体的に言おう。
 人というヒモの絡まりが解かれたときに革新的なことが起きる。

F:それは悟りとか解脱とは違うの?
クマラ:そういう型にそった考え方は私(クマラ)としては好ましく思わない。
 ヒモが解かれたとき、あなたがあなたではなくなる。
 あなただと思っているその人の概念が根本から変容する。
 それは宇宙としては記念的なので、保存される。
 誰が保存するのか?あなたがする。
 つまり「ヒモ=その人」は上手くできあがったのだ。

クマラ:(*´◡`*)


F:保存しないことは?
クマラ:もちろんある。

F:それが例えば師匠の話していた、地球のためのマスターとかなのかな?
クマラ:そうだ。

F:皆がそうなるわけではない?
クマラ:そうだ。



◇「悟り・解脱」と「ヒモを解くこと」

クマラ:結局Fはまだ悟りも解脱も理解出来ていないのだから、「悟り・解脱」と「ヒモを解くこと」を対比させて語ることは無意味に近いのだが、それでも後々のために少し語ってみよう。

 「悟り」とはヒモをある程度整った形にすることであり、
 「解脱」とはヒモを捨てること、なくすことである。

F:解脱すると私がなくなるの??
クマラ:あなたがヒトとしての執着をやめると言うことであり、消えるかどうかすら執着しなくなるってことかな。



◇「ヒモ」と”あなた”

クマラ:あなたは他の星から来て、地球に降下する。それが絡まったヒモだ。
 そのヒモが完全に解かれたら、あなたはヒモの一部始終を見ていたから、その経験の一部を受け取るが、

 「ヒモからマスターとなったあなた」と「他の星から来たあなた」は無関係だ。

 元からあなたなどいなかったのだ。




関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。