サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

第四十四講義 悟りについて5

クマラ:さて、『悟りについて』も今回の講義で最後になった。
 あなたそれについて、言えることは出来る限り言っておこうじゃないか。

=====
>F:(中略)
> これ(と言って、自分の体を指さす。ここでは肉体だけではなく、さらに感情体や精神体で表されるスピリチュアルな体も含んで聞いた)は何でしょうか?

>クマラ:あなたは人ではない。
> そして指差された”それ”は規定物だ。
> その二つには何の関係もない。
=====

第四十一講義 悟りについて2後半より

クマラ:あなたとクマラが呼びかけているのは、個化しているあなただ。
 それは、現世のボディだ。

F:あなたとは、根源とかそういうものですか?

クマラ:まず先入観や、知識を捨てて話そうじゃないか。
 そうしないと、わかっていないのにわかった気分になるだけだからな。

クマラ:あなたは個と一体化しているから話しかけることができる。
 クマラもそうだよ。個として存在している。
 あなたは個化もできるし、どんなことでも可能さ。
 しかし、個化していても、それとは関係ないとしかいえない。
第四十講義 悟りについて1で、否定でしか表現出来ないということを思い出すんだ)

F:ともかく、理解したと思ったことは投げ捨てています。

クマラ:それはしても、しなくてもいい。

クマラ:あなたが個化していなくても、それは存在するだろう。
 ならば、どうしてあなたがいなくても変わらないものと関係があるといえるだろうか?

F:・・・(十秒ほど考える)
 そうですね。

クマラ:もう少し混乱させよう。
 個化なんて言葉を使ってしまったが、これは言葉のあやだ。
 つまり、あなたそれは関係ない。

クマラ:あなたはなにかを掴むことができる。知ることができる。
 しかし、そういうことをするたびに、それと同化していく。
 なぜなら、それに寄っている体験だからだ。
 だから、果敢にもそれの体験を手放していかねばならない。

 以上だ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply