サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

第四十七講義 補足

クマラ:昨日の講義で漏れた分を補足しよう。

クマラ:惑星儀は、寝る部屋に置くのがいいね。
 もって歩いてもいいが、濡れてはダメだ。
(インクジェット印刷なので印刷がにじんでしまう。)
 金星だと思わせることが大切だからね。
 その星だと認識出来なくなったらアウトだ。
 そしてFが思っているよりもエネルギーは長続きする。
 ずっとな。
 そして、そこらのパワーストーンよりずっとずっとずっと効果があるよ。
 これについては後日説明しよう。

クマラ:惑星儀へのエネルギーの入れ方は公開しない。
 してもしょうがないのだ。
 仕組みはこうだよ。
 今君が準備していることすべては、物質世界の受け皿の用意だ。
 金星儀にエネルギーを入れるということは、エネルギーを集めてそこに入れなくてはいけない。
 図もパワーストーンも、それ以外の諸手順もすべて器に過ぎないよ。
 コップを用意しても、そこにジュースをつくって注がないと、ジュースを味わうことは出来ないだろう?
 ジュースは霊的な世界で創られる。
 そのジュースを創るのは君自身だ。
 一連の霊的世界の過程をFとして認知出来ないのは、Fの意識がまだ十分にそこに到達していないからだ。
 到達しかけてはいるのだけどね。


クマラ:そして惑星儀は、誰にでも効果があるわけではない。
 惑星儀が効果を発揮する人と、発揮しない人は半々だ。
 別に統計的な意味では言っていない。大雑把に半分だ。
 現世的な原因の問題や、心の傷は、現代医療、心理学、そして波動医療で対処できるだろう。そちらの方が効果的だ。
 惑星儀の効果は、生まれたときの天体の影響で、惑星の波動をキャッチしにくいところを補うことだ。
 生まれたときの星はどこで決定されるかというと、生まれる前の本人の選択による。
 つまり前世の関心、カルマと言ってもいいが、そういうものだ。
 それを癒すのがこの惑星儀の目標だ。
 目標と言って効果とは言わないがね(笑)
 つまり現世的な原因のヒーリングには、現世的な治療法が適切だ。一方、この惑星儀は適切ではない。
 これが第一の効果を発揮しない理由。

クマラ:第二の理由として、現在は金星のみということだ。
 先天的、後天的問わず金星の周波数を受け取れている人には、金星儀は必要ないだろう。
 金星の周波数が不足している人にしか効果はない。

クマラ:チェックポイントを4つ上げてみよう。
 1,毎日楽しく、ない。
 2,体のどこかの調子が悪い。
 3,自らの内に、神性を感じられない。
 4,自ら生まれた趣旨を理解し、日々邁進していない。


クマラ:一つ当てはまれば、立派な病人だ。
 二つ以上は、重病人。
 三つなら、実質死んでいる人だな。
 四つだって?それはお気の毒に。

クマラ:まぁ、そんなところかな。

F:そのチェックポイントで金星儀が必要かわかりますか?
 私はお気の毒になるんですけど。

クマラ:チェックポイントに当てはまるからといって、必ず効果を発揮するわけではない。
 だが、毎日を楽しく過ごし、体の不調もなく、自らの神性を日々感じ、自らの生まれた目的に邁進している人には、金星儀はどう考えても不要だろうね。

F:たしかに。

クマラ:石はそろったのだから、つくったらいい。
関連記事

Comments 2

ふぁで  
私の場合は

大体、お気の毒〜な感じですね〜。

効果を充分に受け取れるように、
フルにベストを尽くしたいです〜。

2017/12/30 (Sat) 08:12 | EDIT | REPLY |   
F  
To ふぁでさん

ふぁでさん、コメントありがとうございます。

ベストをつくすだなんて、恐縮であります!(・・;;

2017/12/30 (Sat) 22:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply