サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五十二講義 宇宙について8 三つ目の惑星儀の瞑想

クマラ:久しぶりだな。
F:ハイ。前回講義から二週間たって、ようやく連続4時間瞑想が出来ました。
 それまでも1日3時間ほどは瞑想してはいたのですが、連続というのはなかなかきつくて。

クマラ:たしかに忙しそうではあったが、もう少しなんとかならんかね。

F:ハイ。これからは。


◆一つ目の瞑想
クマラ:一つ目は、その星が自分に対して水平に来たとき、つまり太陽だったら日の出・日の入りだね。その時に、その星の方向か、またはその星に背を向け、その星と自分が結ばれて一つであるとイメージする瞑想だ。これを1時間ぐらいするといい。

F:一つ目の瞑想ですが、これはとってもパワフルですね!
アプリで水平に来る時間を調べて、その1時間前後でやっていましたが、星と一体化する感じがすごいです。
そして、これは惑星儀なしでも、星に焦点を合わせるのに時間はかかりますが、十分効果的ですね。

クマラ:やはり星が水平に来るときが一番人に影響を与えやすいからね。これはちょっとしたリズムの話なんだよ。


◆二つ目の瞑想
クマラ:二つ目は、その星をイメージする。出来るだけ詳しく。そのイメージだけで1~2時間はかけること。惑星儀があるのだからイメージするのは簡単だろう?
 さらにそのイメージした倍の時間、その星の中心にいる。中心で一体化しているとイメージしつつ瞑想する。


F:こちらをやるのは大変でした。少なくとも3時間は座りっぱなしですからね。
 気合い入れて、言われたとおりに1時間は、火星をイメージした瞑想。2時間はイメージした火星の中心にいる瞑想をしました。
イメージはたまに火星儀を見ながらやったりしたのですが、その後の中心と一体化するイメージがすごかった。体が熱くなってエネルギーが充満しました。それで2時間経って、気持ちいいのと、自分の今まで気づかなかった考えが浮上してきて、それでさらに追加で1時間やって、合計4時間になりました。

クマラ:よろしい。それも週一ぐらいでやっていったらいい。
 ともあれ、二つめの瞑想も行ったことだが、三つ目の瞑想も教えよう。

クマラ:三つ目の瞑想は、これは実際に星を見ながら瞑想を行うのだ。
 一体化というよりは、あなたの気持ちをその星に届ける。そんな風に思って瞑想しなさい。時間は30分でも数時間でもかまわない。


F:えーと、今の時期、火星を目視するのは厳しいです。
 火星が出てくるが午前三時半頃になります。
 都会だと星はなかなか見えず、外は寒く瞑想するには厳しい環境です。

クマラ:そうだな。ちょっと無理だな。

F:見るために双眼鏡を買うべきでしょうか?

クマラ:それでは瞑想にならんだろ。
 しかしだね。君はそろそろ十惑星を、すべて作る時期に来たんじゃないかな。
 人のために色々な星を作る前に、まず自分で試していかないとな。これから一つずつ、作っていこうじゃないか。
 まずは太陽だな。これなら瞑想しやすいだろう?

F:確かに、太陽なら見ての瞑想は簡単ですね。
関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。