サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五十三講義 我を捨てる

◆我を捨てる
クマラ:金星儀モニターの四人目がやっと決定したな。

F:よかったです。なんかblogで募集しようと思ったのですが、そういうことじゃないんですね。

クマラ:ネットでの募集はダメではないが、良くもない。
 タイミングと調整。現実化がある。君はそういう流れを無視するところがある。我が考えることよりも、全体の采配を信じるのだよ。全力を尽くした上で、天の采配を信ずれば、道は自ずとひらけるものだ。
私達は、別に商売をしているわけではないのだから、惑星儀にしても何をするにしても、がむしゃらに広めたりしても、意味がないのだよ。

クマラ:君も、成すべき事をなしていけば、自ずとすべての道はひらけていく。

F:なぜでしょうかねぇ。最近自分の信念が折れることがありまして。
 前より、世界にゆだねていいなと思えるんです。

クマラ:それはとても良いことだね。
 我、つまり「私がっ!私がっ!」という思いのことだ。
 この我でどれだけ頑張っても、我というものは、世界の中のたった一つの部品に過ぎないのだよ。
 部品は単独ではなんの役にも立たず、全体と調和して、始めて働くことができる。
 だから、スムーズに人生がいかない人は、我を捨ててみるのがいいね。

F:とはいえ、自分の信念、考えを捨てるのは、やっぱり、苦しいですよね。
 人生、我があってこそという時もありますよ。

クマラ:無いんじゃないか?
 人生、我を捨てるためだけにあるだろう。

F:でも我が無いと、ダメな時ないですか?
 例えばブラック企業とか勤めてて、限界になったとき、「もう休みます。辞めます。」と言えないとダメなんじゃないかと。

クマラ:ブラック企業を辞めるべき時に、辞められないことの方が、我ではないか。
 自然のリズムに調和していれば、辞め時もわかるさ。
 もっとも、そのような経験をしてこそ、人は自分の領分というものを知るのだよ。

F:なるほど。そのように考えるのですね。
 プレッシャーをかけられても、無理ならさっさと辞めるように、我を捨てる。
クマラ:そうだ。それは成熟という言葉が相応しいね。


◆謙虚
クマラ:今度は謙虚と、卑屈の話をしよう。
 君はこの辺のことがどうもわかっていないようだ。
 謙虚と卑屈は違うのだ。
 謙虚は、おごらず、常に人を立てる。が、これは決まり切ったパターンではない。それが正しいときに行い。正しくないときには行わないのだ。
 謙虚は、自らを誇らず、しかし、自分を下にも置かない。

F:うーん。正直よくわかりません。

クマラ:君が、クマラからやれと言われる。その時、君は、まず、謙遜し、断るべきなのだ。

F:ファッ!? そうだったんですか!!

クマラ:そうだよ。
 「もっと私より相応しい人がいるでしょう。その方にお任せくださいと。」一度は断るのだ。
その時、あなたは人の上には立たず、真に上部の人へその身を投げ出しおり、我の利益を超越したところへ身をおくことになるのだ。

F:なるほど、ちょっとわかってきました。
 このような講義を受けるのは、もったいないです。

クマラ:いや、そこは受けろよ。講義なんだから。
F:(x_x)

クマラ:パターンでやるんじゃない。君が引き受けないと良くない状況もあるんだから。謙虚を行うタイミングというものは、我を放棄すればわかるだろう。
 君は我を捨てるんだろ?捨てるのは簡単なことだよ。

F:宇宙の話ではないですよね。これ。

クマラ:イヤイヤ、これこそ宇宙の話だよ。
 宇宙はどこを切っても全体の一部であり、中心などない。
 君の中心はどこだ?心臓、頭、腹。色々言う人はいるだろうが、皆が一致する中心などない。
 そして、宇宙に上下もない。君が自分が上だと思うなら、それは間違いであるから、下に降りなければいけないよ。

F:自愛を十分したら、次は我を捨てるということなのですか。

クマラ:それはまったくの見当違いだ。
 自分を愛するならば、我を捨て、人を立てるのだ。
 それは宇宙における整列条件である。
 今日はここまで。
関連記事

Comments - 4

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/28 (Sat) 21:06 | EDIT | REPLY |   
F  
匿名コメントへの返信

コメントありがとうございます!
自愛については、次の記事でも引き続き聞いてます。
私がなかなか理解したとは言えないです(^o^;

個人的な体験ですが、こだわっているよりも、そのこだわっている我でも、執着でもを捨てた方が、気持ちは楽になりますね。
手に入れば喜びは得られますが、手に入らないと悲しみを作ります。
我を捨てると、あってもなくても、どっちみちニコニコみたいな感じです。

2017/10/29 (Sun) 01:07 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/30 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   
F  
匿名コメント、ありがとうございます!

コメント、ありがとうございます!
そういって頂けると、非常に励みになります!
つたないブログですが、読んでもらえると嬉しいですv-290

2017/10/31 (Tue) 16:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。