サナート・クマラとチャネリング

心を軽くして、星へ還る☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五十四講義 宇宙の整列と自愛についての対話

via GIFMAGAZINE



◆宇宙の整列
クマラ:宇宙の整列について話そう。
 星々はリズムをとって回転している。
 そしてそのリズム全体こそが、私というものの正体だ。
 私へと辿り着くには、君もその一部として整列し、リズムを感じる必要がある。それが、悟りだよ。


 我があって、個人のリズムが乱れ、全体の調和から外れると孤独を感じる。それは不調和だ。
 だから、我を捨てることこそが、自愛になるのだ。


◆F個人の自愛について聞く

F:宇宙の話ではなくて、私の小さな自愛についてです。
 私がやりたいことをする。
 食べたい物を食べる。
 やりたいゲームをやる。
 それを楽しいと感じます。
 それを自由に行うことを許可していなかった。それを許可することは自愛ですよね?

クマラ:そんな話か。
 誰が許可しなかったのだ?
 君じゃないか。
 それは我が禁止していたということだ。

 もしも、君が親のしつけが厳しく、ささやかな楽しみを禁止されていたとする。もしくは、無実の罪で刑務所に入ったでもいい。
 その場合、娯楽を禁止しているのは環境である。これは我ではないね。
 そのような環境に身を置くことになったのは、そうなるカルマが君あったからだ。これは仕方ないことだ。

 しかし、我がただ考えだけで禁止しているのなら、それは宇宙のリズムに反しているだろう?

F:ふーむ。そうですね。
 昨日の”自分を愛するならば、我を捨て、人を立てるのだ。”
 これはどういうことなのですか?

クマラ:まあ少しは自分で考えてみなさい。

F:人を立てるとは、なんでしょうか。
 つまり私が美味しい物を食べようとして、他の人も食べたそうなら、私は我慢して、他の人に譲るのですか?

クマラ:我慢は良くないことだな。
 我慢して他人に美味しい物を渡すなら、そんなことはしないで君が食べればいいさ。
 しかし、君がもっと我を捨て、食べる事への執着をなくせば、自ずと食べることが出来て、そして他人へも譲ることも出来るようになる。
 物事が調和し始めるのだ。

F:うーん、わかるような気もしますが、実践となると難しいです。


クマラ:そうだな。仕事の話をしようか。
 君はスピリチュアルな仕事をしたいと思っているが、それをクマラは止めている。それは君が調和していないからだよ。
 君は自分のチャネリング能力を人に提供して、代わりにお金を得ようと思っている。それは間違いだ。

F:ええええ

クマラ:ただ、調和すればいいのだ。

F:(@@;
 さっぱりもう、わかりません。

クマラ:お金へのブロックがあるから、そうなる。
 それも我が作っている考えだ。

クマラ:我を捨てて、全体の、宇宙のリズムに身をゆだねるのだ。
 君に金を稼げと宇宙が言っているか?

F:・・・・・いや、まったく。
 仕事がしたいのは、私が将来への心配を作るのと、お金があればもっと気楽に物を買えるかなと思うからです。

クマラ:そうだね。
 それは我から来ている考えだ。
 そいつはハッピーじゃないんだよ。
 宇宙に身をゆだねろ。
 心配するな。
 最低限の生命維持はした方がいいが、それ以上のことに煩わされるな。

F:ハイ。

クマラ:今の君の生活は、惑星儀作って、ブログをたまに書いて、瞑想して、自覚する日々だ。
 その生活をしていて、宇宙のどこからか苦情がきたか?

F:まったく、来たことはないと思います。

クマラ:じゃあ、なんで我で心配を作って、不足感を作るのだ。
 君は既にハッピーなんだよ。
 だから、宇宙から仕事をしろと言われるまで、寝て待っていればいいんだ。
 お釈迦様だって、悟った後は、神々に説法を頼まれたから渋々重い腰を上げたと言うじゃないか。

F:はぁ。力が抜けますね。
 しかし、なんというか、社会に活動できない私は不足感を作るのです。

クマラ:だからその考えは、我である君が作るんだろう?
 宇宙はそんなことで君に不足感を感じてはいない。

クマラ:講義と言うよりは、ぐだぐだになってしまったな。
 まいいだろう。今日はここまで。
関連記事

Comments - 2

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/29 (Sun) 20:49 | EDIT | REPLY |   
F  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
そのままでいいんです(ヾ(o゚∀゚o)ノ☆゚

2017/10/30 (Mon) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。